HOME > 臨床研究の紹介 > 拡大~超拡大内視鏡や特殊光内視鏡を用いた診断学の改良と開発

消化管腫瘍存在診断に対する内視鏡画像強調機能の有効性の評価

消化管に発生する腫瘍(主に癌など)に対して行う内視鏡は、これまでは通常の光である白色光を使った観察によって、腫瘍を発見すること(存在診断)、腫瘍と非腫瘍を鑑別すること(質的診断)、腫瘍の深さ・範囲の診断(量的・範囲診断)などを行ってきました。しかし、近年、NBINarrow Band Imaging)と呼ばれる光の成分の一部を使用した特殊な光を使用した機能(光デジタル法による画像強調機能)を用いることで質的診断や量的・範囲診断をこれまでよりも正確に行うことができるようになっており、臨床で広く普及しています。しかし、NBIは暗い画像であることから、広い胃の中で腫瘍を発見すること(存在診断)には不適と考えられてきました。そのような状況のなか、内視鏡システムの改善や開発に伴い、より明るいNBIやそれに類似した明るい光デジタル法による画像強調機能(BLI, i-scan OE)が臨床で使用できるようになり、胃腫瘍に対する存在診断に対する有効性が期待されています。

そこで、当院では、これまでの白色光による観察と、新しいNBI, BLI, i-scan OEなどの画像強調機能による観察で、上部消化管腫瘍の発見率を改善することができるかどうかを試験を行っています(UMIN000011139)。


(小田島慎也
白色光による表在型食道癌 認識自体が困難
NBIによる表在型食道癌 茶褐色の領域として認識しやすくなっている

早期胃癌・食道癌の範囲診断における色素内視鏡と特殊光内視鏡の比較の前向き研究

従来胃癌の存在している範囲を診断するには、食道ではルゴール液、胃ではインジゴカルミンという色素をまき(色素内視鏡)、染まらない、もしくは色がはじいた領域を癌と診断して、癌治療の範囲を決定していました。しかし、NBINarrow Band Imaging)と呼ばれる光の成分の一部を使用した内視鏡観察を用いることで腫瘍の表面の構造や血管の走行を観察することができるようになり、これらの機能を拡大内視鏡(拡大観察ができる内視鏡)と併用することで腫瘍範囲を正確に診断することができると考えられていました。しかし、実際それが正確な腫瘍の境界なのか、従来使われてきた色素内視鏡と比較して範囲を正確に認識しているのかはわかっていないため、当院では、食道、胃腫瘍で内視鏡治療予定の患者さんに同意をいただいて、NBIと色素内視鏡の範囲診断率を比較する試験を行っています(食道:UMIN000007640、胃:UMIN000007641)。
 
(平山慈子、小田島慎也)

胃癌の画像 胃癌の範囲はわかりにくい。
NBIを拡大内視鏡と併用した画像。構造の変化や血管の変化などを観察して、腫瘍の境界が明瞭になっている。

消化管癌における癌特異的蛍光プローブの有用性の検討

消化器内視鏡の性能は日々進化しており、現在ではかなりの高画質の画像を得られる上NBIなどの画像強調内視鏡により小さな早期癌の発見が容易になってきております。しかし、さらに早期癌を検出しやすくするための方法への模索は続いております。例えば、癌が内視鏡画面で「光って」いれば、おそらく誰もが癌の認識が容易になるのではないでしょうか。

本学医学系研究科生体情報学教室が開発したオリジナルの有機小分子蛍光プローブは、「内視鏡画面で癌が光る」という夢を現実の物にしてくれるかもしれません。この蛍光プローブは、癌に直接ふりかけることで癌部分のみに反応し、強い蛍光を発することにより癌部のみを鋭敏に光らせるというものです(参照:生体情報学教室ホームページ:
http://cbmi.m.u-tokyo.ac.jp/research.html)我々は、この分野において、生体情報学教室・胃食道外科・大腸肛門外科との共同研究を行っており、「癌が光る内視鏡」の実現へ向け検証を進めております。

Rapid and sensitive detection of early esophageal squamous cell carcinoma with fluorescence probe targeting dipeptidylpeptidase IV.
Onoyama H, Kamiya M, Kuriki Y, Komatsu T, Abe H, Tsuji Y, Yagi K, Yamagata Y, Aikou S, Nishida M, Mori K, Yamashita H, Fujishiro M, Nomura S, Shimizu N, Fukayama M, Koike K, Urano Y, Seto Y.
Sci Rep. 2016 Jun 1;6:26399.

(辻陽介)
 
食道ESD検体に蛍光プローブをふりかけ、蛍光写真を撮影するとくっきりと癌が浮かび上がって見える。
お問い合わせはこちら
ページのTOPへ戻る