EVL/EIS | 東京大学消化器内科消化管グループ

EVL/EIS

【概要】
慢性肝炎や肝硬変を背景とした食道胃静脈瘤に対する内視鏡治療(内視鏡的静脈瘤結紮療法EVL・内視鏡的静脈瘤硬化療法EIS)を行っています。 
  

【治療実績】
2012年の治療実績として、緊急時の処置を含めまして29名の患者さんに対してのべ20件の内視鏡的静脈瘤結紮療法、19件の内視鏡的硬化療法を実施しております。 
  

【皆さまへ】
慢性肝炎や肝硬変に付随して生じる胃食道静脈瘤は破裂して吐血や黒色便を来すことがあり、患者さんのQOLを著しく損なうばかりか、時に致死的な経過を辿ることがあります。そのため内視鏡検査などで静脈瘤を認めた患者さんには定期的なチェックをお勧めしておりますが、もし破裂しそうな兆候や破裂した痕跡があった場合には予防的な治療をお勧めしています。
予防的な治療としての内視鏡治療としては、内視鏡的静脈瘤結紮術と内視鏡的静脈瘤硬化療法があります。内視鏡的静脈瘤結紮療法は処置用の輪ゴムを使用して内視鏡的に静脈瘤を縛っていく治療で、簡便かつ安全ながら再発率の高いという問題があります。一方で内視鏡的静脈瘤硬化療法は内視鏡的に静脈瘤内に直接硬化剤を注入していく治療で、静脈瘤の血流の上流までしっかりと潰すことで再発率を抑えることができますが、技術的な難易度が高く、また偶発症を起こす危険性も比較的高いと言われています。
我々の施設では、この二つの方法の長所短所をしっかりと説明したうえで、個々の患者さんに対して状況に応じ最適と考えられる治療法を選択しています。
  

(文責:小野敏嗣)

食道胃静脈瘤
内視鏡的静脈瘤結紮療法(EVL)
内視鏡的静脈瘤効果療法(EIS)
お問い合わせはこちら
ページのTOPへ戻る